経理 サポート会計事務所

RPAで事務作業を自動化‼

RPAは、事務作業が自動化できます。

 

RPA(Robotics Process Automaition)は、人が行っているPCでの作業を、人に代わって、RPA実行ロボットが、作業をおこないます。

毎日、定期的に行う業務や、納期が決まっていて、納期までに、残業してでも、行う必要がある作業を、RPAにおこなわせることで、作業負荷を軽減と、事務処理のミスを減らすことができます。

 

なぜ、RPAは事務作業を自動化できるか?

 

RPAは、人が行っている作業の順番を、シナリオに覚えさせる(プログラムを作成する)ことで、RPA実行ロボットが、人に代わって、事務作業を自動的に実行します。

 

大手企業は、すでにRPAを導入している

上場企業、官公庁で、働き方改革の切り札として、RPAが導入されています。

あるリサーチ会社の調査結果では、上場会社の80%は、すでに、どこかの部署で、RPAを導入していると報告されています。

マンパワーで、作業を行っている業務が多い会社ほど、RPAが活躍しています。

 

導入事例

導入事例
導入事例

法人データ

社会福祉法人様(18拠点)

従業員数:500名

 

 

 

 


RPA導入前

1.本部にて、給与計算後に、拠点ごとに、勤怠支給控除一覧表を作成

2.拠点ごとに、勤怠支給控除一覧表をもとに、インターネットバンキングで、給与振込データの作成、給与振込を実施。

 

RPA導入後

本部にて、RPAを利用して、

1.拠点ごとの勤怠支給控除一覧表を作成

2.給与計算ソフトにて、18拠点分の給与振込データを作成

3.インターネットバンキングへ、給与振込データをアップロード

 

19人で行っていた作業を、本部1人で実施できるようになり、他の人に業務を依頼する必要がなくなり、納期のプレッシャー、作業負担が軽減されました。

 

本部以外の拠点での、給与振込業務がなくなりました。

RPAを稼働させるまでにすること

RPAを稼働するまでにすること
RPAを稼働するまでにすること

RPAを稼働させて、事務作業を自動化するまでに、しなければならないこと

1.RPAを動作させるPCを決めること

2.どんな作業をRPAにさせるか決めること

 ・繰り返し行う単純作業

 ・納期がタイトで作業負荷が高い事務作業

 などが、向いております。

3.自動化する業務を、見える化すること

 (業務フローの作成)

4.導入後の業務イメージを、共有すること

 (RPA導入後の業務フロー作成)

※3,4の作業は、弊社にて、実施させて頂きます。

RPAソフト【Autoジョブ名人】 期間限定無償提供! 弊社営業圏内にて

 ユーザックシステム株式会社から、販売されておりますAutoジョブ名人(RPAソフト)を利用して、PCで行っている事務作業を自動化します。

  RPAソフトの自動稼働に必要な、シナリオ(RPA用プログラム)は、弊社にて、無償で作成させて頂きます。

  完成したシナリオを、利用期間を限定したAutoジョブ名人で、ご利用して頂き、RPAを利用した効果を体験して頂きます。

※シナリオ作成に必要な、ヒアリング、業務フローの作成・確認などの作業を行うため、弊社スタッフが、ご訪問をさせて頂き、実際の作業を拝見させて頂きます。

※RPAソフトは、シナリオがないと稼働しません。 

※弊社営業圏内:東京都、川崎市、横浜市

お問い合わせを頂いた先着5社様に、無料でシナリオ作成します。

シナリオ無料作成
シナリオ無料作成

 RPA導入後の業務フロー等をもとに、弊社にて、シナリオの作成(動作検証も含む)を、実施させて頂きます。

※作業地域は、東京都、川崎市、横浜市に、限定させて頂きます。


お問い合わせはこちら!

お問い合わせ
お問い合わせ

追伸

・RPAは、事務作業を自動化できる。

・RPAは、人が行っている作業の順番を、覚えて、人の代わりに作業を行う。

・大手企業、官公庁では、すでに、RPAは利用されている。

・期間限定で、無料で、RPAを体験することができる。

・RPAを体験するのに必要になる、RPAへの作業を覚えさせる作業は、先着5社まで、無料です。