経理 サポート会計事務所

クラウドを利用して作業負荷を軽減

クラウドを使って、作業業務を半分に!

クラウド会計ソフトを利用するとこんなメリットがあります。

・自宅からでも作業ができます。

・預金口座からの仕訳を自動作成

・クレジットカードの明細から仕訳を自動作成

・領収書をスキャンして、仕訳を自動作成(AIOCR)

・いつでも会計事務所とのデータ共有ができる

・インターネットにつながれば、どこからでも、会計データにアクセスできます。

なぜ、作業時間を半分にできるのか

人が、判断して、仕訳を会計ソフトに入力する作業を、AIOCRや会計ソフトが作業をおこなうことで、作業時間を半分にすることができます。AIOCRや会計ソフトは、必ず同じ処理を行いますので、入力ミスはなくなります。

弊社で、ご案内しているクラウド会計ソフト

大手ソフトメーカーのクラウド会計ソフトを、ご提案させていただきます。

・フリーウェイ経理Lite(弊社、提携税理士と顧問契約して頂きますと無料で、ご提供させて頂きます。)

・奉行Jクラウド-会計編

・勘定奉行クラウド

・大蔵大臣クラウド

・福祉大臣クラウド

・建設大臣クラウド

弊社で、ご案内しているクラウド販売・給与ソフト

大手ソフトメーカーのクラウド会計ソフトを、ご提案させていただきます。

・販売大臣クラウド(見積書作成、売上報告、請求書作成、入金状況確認、発注伝票作成、仕入伝票作成、振込データ作成、支払状況管理)

・顧客大臣クラウド(顧客情報管理)

・給与大臣クラウド(給与計算)

・人事大臣クラウド(人事情報管理)

・就業大臣クラウド(勤怠情報管理)

・大臣スマート打刻サービス(勤怠打刻データ収集・管理)

フリーウェイ経理Liteは、16万以上の利用者がおります。

通常、月額3,000円の利用料金が発生するフリーウェイ経理Lite有料版を、弊社、提携税理士と顧問契約して頂きますと無料で、ご提供させて頂きます。

フリーウェイ経理Liteは、16万以上(2019年8月2日現在で、累計ユーザー数が166,381になりました。)の利用者にご利用されております。

https://freeway-keiri.com/

導入シェアNO.1の勘定奉行が、クラウドに!

日本で圧倒的な導入シェアを誇る勘定奉行が、ついにクラウドとして提供されました。

クラウド版の特徴は、以下になります。

・取引入力の自動化

・会計事務所とのデータ共有

・振込データ作成機能などをオプションとして利用可能

https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

 

キャンペーン実施中:2020年3月まで 弊社経由で、5年パックを発注すると更に、キャンペーン割引が適用できます。

お問い合わせはこちら!

お問い合わせはこちら!
お問い合わせはこちら!