経理 サポート会計事務所

分からないのに非営利型一般社団法人を設立するのは辞めた方がいい

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小企業の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

最近は、設立費用が安いということで 

一般社団法人の設立が流行っています。

公益法人のようなイメージがあるため

協会ビジネスをやっている方に特に人気の法人格です。

 

そういう中、

一般社団法人は、法人税が非課税だと

思い込んでいる人が意外と多いのです。

 

一定の要件を満たした場合にのみ、

収益事業に対して課税されます。

 

一般社団法人は、 

非営利徹底型法人、共益型法人を除き

普通法人となんら変わるところはありません。

(要件は文字数の都合上省きます)

 

思い込んでいる人のパターンは 

どこかのWEBサイトから拾ったひな形で、

一般社団法人を作ったとか

行政書士に頼んで設立したということが多いです。

 

確かに作るだけであれば手軽にできるのですが・・・

そんなに簡単にさくっとできませんよ。 

 

実は、法人税の収益事業課税の分野は

多くの税理士が苦手としていて、

自信が持てない人が殆どである領域なのです。

ですので、素人が、

素人が作ったWEBページを参考にしたり 

そもそも、税法が分からない士業に相談しても

正しい答えが出てくるとは、とても思えません。

非課税の要件を満たせる訳がないのです。

 

 

最近は、ネットで検索すれば 

何でも出てくるように見えますが、

正しい答えを見つけるのは実は、難しい。 

 

税金は、民主主義を支えるために

存在するわけですから 

課税されないためには、特別な理由が必要です。

そんな簡単に非課税法人になれません。

 

つまり、自力で非課税法人を設立したり、

運営するためには凄い努力が必要です。

普通の仕事をしている時間がないくらい

すさまじい勉強が必要です。

専門家に依頼するにしても、

一般的な株式会社設立よりも

コストは高くなります。

それでもやりますか?? 

 

ご相談頂いた方には、 

こちらの一般社団法人は、ただの普通法人です

なので、届出漏れ、申告漏れの状況です。

すぐに早く対応した方がいいですよ

と伝えたら、相当のショックを受けていました。

  

ちなみに、良く分からないものを設立して 

それを潰すというのは、さらに労力が必要です。

専門家に頼むにしても、当然費用は高額です。

 

それでも、非課税となる法人を設立したい場合には 

専門家に任せるのが一番です。

ネットで正しいことを探すのは不可能なので、

ネットでは、専門家を探しましょう!

 経理サポート会計事務所でもご相談を承ります。

 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。