経理 サポート会計事務所

税金面で、大きく負けないために

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小企業の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

殆どの企業経営者は、節税という話が好きで、 

できるだけ税金の支払いは少なくしたいと言います。

 

それには、私も同感です。でも・・・

  

そう思うのはいいのですが、 

生命保険や節税(利益の繰延)商品に手を出す、

経営者が少なくありません。

結果的にハッピーエンドの人は少ないです。

  

最終的にその節税商品が元本割れするなど、

税金は安くなったけど、実際に大損した

といった結末になる方も少なくありません。

 

また、そこまでの状況にならなくても 

利益の繰り延べに走ると、内部留保が薄くなり、

コロナ感染症のような経営環境の悪化が生じた際に

耐えられない状況になりかねません。

 

企業活動は必ず、「元種」が必要で 

手持資金がないと、必ず窮地に追い込まれます。

節税といっても、

ただ単に税金が安くなるものはほとんどなく 

手数料を払った上に、多額の資金流出を伴い

利益を繰り延べるものが殆どです。

つまり、一般的に知られている節税は、

小さく節約しているつもりで

実際には負けているということなんですよね。

 

そんなことよりも、 

・どうやって、大きな税務リスクを避けるか

(不意打ち課税を避ける)

・事業の節目節目で、

最も有利な税務判断をどう選択するか 

ということが、とても大切です。

 

これを会計事務所が担わないと

効果半減です。

 

不意打ち的に多額の金額を課税されることは 

会社に危機的状況をもたらします。

また、事業の節目節目で

最も有利な税務判断を選択することは 

かなり大きな、税金負担の差を生み出します。

 

でも、この2点をしっかり抑えるためには、 

クライアントの事業や動きをしっかり見守りつつ

クライアントの状況を継続して

モニタリングする必要があります。

 

これが、けっこう大変です。

  

正直、ただ、記帳して、申告書作って 

節税商品売ってという商売の方が

簡単なんですけどね。

 

 

経理サポート会計事務所は、 

クライアントが最終的に喜ぶ提案を

していきたいと思っています。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。