経理 サポート会計事務所

福の神税理士が貧乏神税理士になる時代

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小企業の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

人づてで、ある会計事務所が社員の退職が相次ぎ 

危機的状況・・・という話を聞きました。

大変ですね・・・

 

20年前の会計事務所は、

入社希望者は、かなり多く、

大手会計事務所に入社するのが大変でした。

そして、大手会計事務所は、

かなりの仕事量を社員に求めたので 

入社後、多数が辞めていき、

優秀な一部の社員のみ残る構造でした。

 

このような組織では、 

専門家としての個人の能力が高い人が、

出世していきました。

 

ところが、時代が変わり・・・ 

5、6年ほど前から、会計事務所は、

大変な人手不足です。 

就職希望者は、誰でも、どこにでも

誰でも入社できる時代になりました。

 

こういう状況だと、リーダーが

ただの知識がある人

では、組織が持たないんですよね・・・

特に、利己的で、自分を客観視できない人だと

あっという間に組織崩壊を起こします。

 

会計事務所だけではなく、 

これからは、どんどん人が少なくなります。

最近、安岡 正篤さんの本をよく読むのですが

特にこれからの時代、リーダーは、知識だけでは足りず、

物事の本質を見極める「見識」

正しいと信じたことをやり遂げる「胆識」がないと

そもそも、組織が成立しなくなります。

 

昔、多くの利益を叩き出した福の神税理士が 

時代が変わって貧乏神税理士に。

そして、そうなると、誰もが

貧乏神税理士に関わりたくありません。

社員だけでなく、クライアントも離れます。

 

今、会計事務所業界は 

かつての、大規模会計事務所が崩壊を始め

振興の中堅会計事務所急成長し、

大きく動いています。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。