経理 サポート会計事務所

初めて銀行取引をしたいときはどうしたら良いか?

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小法人の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

初めて銀行取引をしたいとき、

企業経営者や自営業の方は

どうするのが一番いいんでしょうか。

金融機関は、多くの場合、どこか排他的で

はじめまして!と来る人に対して

どこか、よそよそしい感じで接してきます。

いきたくないな~と思ったりしませんか?

 

今の時代、創業したての企業ですと 

普通に銀行の窓口に行ってお願いしても

通帳を作ることすら大変です。

断られることも多くあります。

 

また、口座を持っていたとしても 

担当営業がついていない企業だと

どうやって借入の相談をしたらいいのかすら

わからないのではないかと思います。

 

私の個人的な意見ですが、

金融機関の窓口に突然行かない方が

いいと思っています。 

 

どうすればいいかって??

 

私のお勧めは 

会計事務所に紹介してもらう

です。

 

会計事務所の多くは、 

クライアントの融資対応などの必要性から

金融機関と接点を持っています。 

また、金融機関の人たちも

それぞれノルマがありますから

会計事務所に対して、 

融資が必要なクライアントはいませんか?と営業したり

情報交換をしていることも多いのです。

 

銀行の人を紹介して貰うと何が違うかというと 

彼らは、仕事のノルマがありますから

紹介者に対して、邪険な態度はとらず、

親切かつスピーディーに動いてくれます

もちろん、ダメなものはダメですが。

 

少なくても、こんにちは~と窓口に行くよりも 

優しくスピーディーな対応になります。

 本音を聞ける可能性もあります。

 

えっ?

 

会計事務所が金融機関を紹介してくれないですって?

 

そういう会計事務所は、

申告書を作ることにしか

興味がないんでしょうね。

そんな時は、金融機関を紹介してくれる

会計事務所に替えるべきなんだと思いますよ!

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。