経理 サポート会計事務所

クライアントの困り事に対する心構え

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小法人の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 私は、

税理士は、クライアントの用心棒であるべき

と思っています。

どんな時もクライアントの困り事に

向き合うことが必要だと思います。

 

日頃から、様々なご相談を頂きますが

正直、これって会計税務の相談じゃないよなあ・・

というようなこともあります。

また、仕事に追われている時は、

この忙しいタイミングで勘弁して・・・

と思う瞬間もあります。

 

しかし、相談いただくというのは、

それだけ信頼されているということなので

とてもありがたいことです。

特に、独立してからは、この想いが強くあります。

 

特に税理士は、

中小企業にとって、一番の相談相手のはずなので

困ったことがある時に親身になって対応しないと

存在する意味がないと思っています。

いま、確定申告だから打ち合わせができないとか

3月決算が忙しくて、対応できないとか

特別なことがあったのならともかく

毎年忙しいのが決まっている話なんで

クライアントの対応ができないなんて

あってはならないことだと思うんですよね。

 

当たり前ですが、困った相談は急にきますので

時間と心にゆとりがないと対応できません。

そのため、対応できないと言うことがないように

全ての仕事は、しっかり準備するとともに

全力で前倒して進めて

自分が一杯一杯にならないようにしています。

また、効率よく進められる工夫を重ねています。

そうすることで、だいぶ時間に余裕がでるので

対応ができるようになります。

 

と、これまで理想を書いてきましたが

現実には、私には、通常の業務は勿論

営業活動、マーケティング活動は勿論

細々とした社内の雑務など山のように仕事があります。

実際は、大変です。

 

今は、確定申告時期ということもあり

土日は勿論、早朝から深夜まで

とにかく前倒しで仕事をしまくっています。

 

そういう状況であっても

いま、ちょっと相談しても大丈夫ですか、とか

今、忙しい時期ですよね、とか言われることに対して

 

そんなに忙しくないですよ。

大丈夫です。なんのご相談ですか?

 

と明るく答え、しっかり対応するのが、

私の心意気です。

 

この気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。