経理 サポート会計事務所

大変だと思う時こそ、ブレないことが大事

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小法人の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

最近は、特に小さな会社ほど 

人と人との信頼の中で、

繋がる・動くということが

身に染みるほどわかってきました。

 

僕らは、無形の会計・税務サービス、 

システムコンサルティングなど提供しているため

この人だったら・この人達だったら大丈夫という、

信じてもらえる理由がないと、紹介もないですし、

仕事の相談や依頼されることはないんですよね。

ここが大きな組織との一番の違いです。

 誰から買っても同じという商品でないから大変です。

 

信用とは、過去の実績により、

証拠によって信じるさまのこと。 

信頼とは、頼りになると信じること。

信頼は、条件なしに、未来を頼りにするということです。 

僕らは、基本的に信頼されることなくして

契約になることはありません。

  

もちろん、信頼されるためには、

過去の実績も大切ですが、 

それに加えて、想いが重要だと思っています。

想いを大切に、一生懸命にやっていると

いい仲間たちが集まり、

お客さんが自然に増えていきます。

 

経理サポート会計事務所は、

・クライアントを守り抜くこと

・社内社外を問わず一緒に働くメンバーを

大切にすること

これが、物事を考える順番です。

 

自分だけがいいという考えは

持たないようにしています。 

当然、クライアントにとって良くないと思うものは

絶対に提供しません。

 

また、常に、仕事の関係者すべてが

良くなる行動を心掛けます。

 

まだまだ小さな規模ではありませんが 

ずっと、そうであり続けたいと思っています。

  

そうであるためには、まず、個人レベルにおいて、 

口先だけでなく、大切にすべき部分は、

筋が通った言動と行動を一貫させ、

ブレないことが必要です。

   

思うに、困った時ほど、

その人の本性や仕事の能力が浮き彫りになりますから 

大変なときこそ、絶対にブレないということが

大事なんだと思います。

 

重要なところで、ブレてしまうと、周囲の人に

一瞬で信頼されなくなります。 

そして信頼は、取り戻すことはできません。

 特に人の信頼の積み重ねで仕事をさせてもらっている

小さな会社、個人事業主にとっては命取りです。

 

難しいのは、これをチームにどう浸透させるか。

リーダーが口先だけでやれなければ、

絶対に浸透しません。 

まずは、私が率先垂範し、

継続することだと思っています。

毎日精進です!

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。