経理 サポート会計事務所

 · 

Acelink財務大将から、FreeWay経理Proへのデータコンバート作業

新規で、クライアントと、決算期の途中で、税務顧問契約をすることになりました。

決算期の途中なので、以前、契約していた会計事務所から、データを入手してほしいと

クライアントに、お願いしました。

何故、お願いするかというと、

データをもらえないと、自分たちが、仕訳を全部、入力する必要がある。

前期比較ができないので、クライアントへのアドバイスや、前期からの変化に気づけないなど、

仕事上、マイナスに働く事象が多く発生するため、弊社では、データを入手することを、

クライアントにお願いしています。

 

今回、クライアントに、以下のデータを以前の会計事務所から頂けるようにお願いしました。

・残高試算表(BS/PL)

・補助残高一覧表

・部門対比表

・消費税精査表

 

クライアントが以前契約していた会計事務所は、

ミロク情報サービス(MJS)のAcelink財務大将を利用していたため、

データコンバート作業をすることになりました。

 

以前、弥生会計から、勘定奉行へデータコンバートしたツールをもとに、

今回は、作業をすすめたので、以下のマスタ、

・勘定科目対比表

・補助科目対比表

・消費税対比表

・部門対比表

 

トランザクション用(財務大将の仕訳)テーブル、

出力ビュー(FreeeWay経理Pro)、

を作り直して、データコンバート作業を行いました。

 

財務大将とFreeeWayは、消費税コードが、貸借で1個なので、

消費税コードが両方に、発生する仕訳の場合、

データコンバート後の消費税精査表が、

微妙にずれるので、若干、手修正が入るのが手間でした。

 

データコンバート作業も、プログラムの開発と同じで、

チェック作業(デバック作業)にかかる時間が大きいです。

 

時間がかかる要因として、以下になります。

・会計ソフトに仕訳データをインポートするのに時間がかかる

・コンバート前後の残高チェックに時間がかかる

・残高が相違していた場合、仕訳データが入っていない状態に戻すのに時間がかかる

 

手間はかかりますが、やっただけのメリットがあるので、

会計事務所をチェンジするときは、データコンバートすることをお勧めします。

 

プロフィール

 

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)

取締役 大沢 大作

1973年群馬県生まれ

川崎市在住

 

DXディレクター

経理、総務部門の業務効率化を、RPA、経理クラウド、総務クラウドなどのITを導入、運用、運用後の改善を、お客様と一緒に行う仕事です

RPAを、中小企業に浸透させ、中小企業の人材不足と、業務過多を改善することを使命として、活動中。

 

活動実績

 

OBC 奉行シリーズ、応研 大臣シリーズなどの、経理・総務業務パッケージソフトのインストラクター資格を持ち、経理・総務業務用ソフトを500社以上の会社(1部上場会社、官民ファンド、外資系日本法人、リート法人、住宅供給公社、医療法人など)に導入