経理 サポート会計事務所

税理士は無くなる職業なのか?

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小法人の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

税理士は10年後には、

仕事がなくなるんでしょうか? 

と、税理士志望の方に時々聞かれます。

 

これには、 

絶対無くならないですよ。

と答えています。

 

ただし、税金を正しく計算するといった作業は、 

どんどん少なくなるのではないでしょうか。

 

え?税理士の仕事は計算以外に何かあるの?

と思っている方もいるかもしれません。

 

税理士の仕事は、計算以外にもいろいろあります。

 

まず、税金は、個人にしても法人にしても 

支出する項目としては多額なものです。

そして、商売がうまくいくと、

必ず税務調査があります。 

税理士は、調査官が来た時に、

経営者の立場に立って 

守ってくれる可能性があります。

 

そして、会計事務所は申告などの処理業務をする中で、

経営者のことも、会社のことも分かってくるので 

もっとこうすればいいのにとか

いま〇〇しないと後でまずいことになるとか

借入が必要だとか

親切な税理士であれば教えてくれます。

 

つまり、企業経営者や会社の 

外部のアドバイザーの役割を

果たせる可能性があります。 

気が利いて、知識のある税理士ならば、

法人契約をしている中で、経営者個人にとって

放置すると不利になることも事前に教えてくれます。

  

こんなことをAIRPAができるようになるかというと 

そんなことは絶対にありません。

  

一方、確実に世の中から消滅する税理士もいます。

それは、税金計算といった作業のみをする税理士です。 

また、税務調査があっても、税務署の味方だったり

アドバイザーとしての役割を果たせない税理士も

仕事はどんどん無くなっていくでしょう。

 

でも、こういった人たちは、現段階でも

クライアントとの契約は惰性で続いているだけなので

仕方ないんじゃないでしょうか。

 

今、税理士の仕事が将来無くなると言われることで 

税理士志望者が減って、税理士業界の高齢化が進み

実際に活動できる税理士数が減っています。

そういった中では、これから税理士になろうとする人は 

チャンスだと思いますよ。

 

それに、私の感覚では、

クライアントの立場に立って真面目に仕事をすれば 

仕事は勝手に増えていくという実感を持っています。 

正攻法で仕事をすることで、道は開けます。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。