経理 サポート会計事務所

税理士なのにクライアントの税金問題に気づかない訳

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中堅・中小法人の会計・税務の悩みを解決する専門家。
 
医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。    
 
その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。    
  
現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

私は、最近、税務相談の中で、

中小企業の経営者の方が 

自社の税務問題について

重要な課題があると感じている一方で 

そこの顧問税理士はまったく、気づいていないという

状況が多いことに気づきました。 

 

先日、ある社長から株価が恐ろしく高いために、

大変な相続税の負担につながることを心配し

なんとかならないか!!というご相談を頂きました。

ちなみにその社長は、

 

うちの税理士は、

「言われてみると確かに高いですね~。」なんて

呑気なこと言ってるんだよ(怒)とんでもない話だ!!

とおっしゃってました。

 

そして、その顧問税理士の方は、 

すぐに株価評価をしてくれたそうです。

(でも引き下げ対策は考えてくれないようです)

 

会社経営者であれば、 

24時間、365日自分の会社のことを考えています。

なので、経営者同士の会話では

会社経営の話題になることも多い訳です。

大きな悩みは、共通であることが多いので

そこで経営者は気づくわけです。

一方で、なぜ、素人の経営者に言われるまで

クライアントの税金問題に気づかない

顧問税理士がいるのか。

不思議に感じません??

 

いいですか?

 

おそらく、先ほどの税理士の話も

すぐに株価評価をすぐにしてくれたところから

知識がないとか、知らなかったということでは

ありません。

 

要するに、自分の仕事だと思っていないので

興味がないだけなんです。

 他人事なんです。

 

私の感覚だとクライアントの会社に興味がある人は 

会計事務所のスタッフのうち、20%もいません。

また、発見した課題を解決できる力を持った人は 

会計事務所のスタッフのうち、上位20%です。

  

20%×20%=4%

 

たった全体の4%の人しか、 

気づいて解決してくれる税理士はいない訳です。

それ以外の96%に当たった、運の悪い会社は

放置されてしまいます。

 

 

もっとも、会計事務所スタッフの側にも

言い分はあります。 

そもそも、クライアントに

困っていることがあったとしても 

多くの場合、契約範囲外の業務で、

本来的には関係ない仕事だったりします。

顧問料が安かったりするとなおさらです。

 

確かにクライアント側が想像している以上に

会計事務所はルーティン業務が忙しいので

クライアントの問題に気づいて解決するためには、 

能力だけでなく、

強い意志が必要なのは間違いありません。

金貰ってないのに、無駄なサービスするな!

という上司も良くいますので・・・ 

 

では、どうやって、経営者と同じように考えてくれる 

税理士を見つけることができるのでしょうか??

それは、

税理士さんは何をしてくれるんですか?

と聞いてみることです。

  

そこで、税務申告などの作業等に

フォーカスした話をされたら

経営者と同じ目線で動いてくれることは、

まったく期待できません。

計算マシーンとしては、いいんでしょうが。

 

ちなみに、私は、こう質問されたなら 

税務計算などの作業をするだけではなく

中堅・中小企業の用心棒だと思っています

と答えると思います。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。