経理 サポート会計事務所

「マンガでわかるRPA導入事例」が完成しました!!

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。  

  

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

経理サポート会計事務所は、 

中小・中堅企業のRPA導入をサポートしています。

ソフト販売だけでなく、業務の整理や

実行プログラムの制作も行った上で

導入を支援しています。

 

RPAは、ソフトウェアロボットが 

人の代わりに仕事をするこというものです。

24時間365日不満を言わずに

安いコストで正確に働いてくれます。

すでに、国内の売上高50億円以上の企業では

5割以上がRPAを導入済みという報道もあります。

良く新聞に〇千人人員削減との報道の多くは

RPA導入によるものも少なくありません。

 

一方、中小・中堅企業、公益法人の方々は 

まだ、RPAを知らないことが多いです。

自分には関係ないと思っています。

(本当は一番関係あるのですが)

残念なことに、今のRPAマーケットは

ソフトを売ることが主流で

ソフトウェアロボットを動かすための

実行プログラムを作ってくれる会社は

ほとんどありません。

そのため、中小・中堅企業、公益法人は、 

RPAを知る機会がない状況です。

 

本来は、使えるお金が少なく、 

また人手不足の中堅・中小こそ

RPAとの相性は良いはずなのに、

知らないということがネックでした。 

 

そこで、経理サポート会計事務所は

RPAを広めるために

マンガや導入事例で解説する冊子 

「マンガでわかるRPA導入事例」の 

作成に取り組んでおり、ついに完成しました。

60ページ、うち、マンガ部分が30ページです。

今回、ストーリー、登場人物のやり取りなど 

私が書いたのですが、アイディア出すのが辛かった・・・

マンガ家さんは、本当にすごい!!

 

多少面白くないと読んでもらえないわけで 

かといって、面白さに走ると、

必要な説明が欠けてしまいがちで

暇さえあればマンガのストーリーを

考えていた時期がありました。 

マンガを作っていただいている会社さんにも 

だいぶご迷惑をおかけしました。

ありがとうございます。

 

こちらの冊子は、

会計システムメーカーさんや

RPAツールメーカーさん、

金融機関さんを通じて

1000冊ほど、興味がありそうな法人さんに

バラまかれます。

早く中堅・中小法人、公益法人の皆さんに

RPAをよく知ってもらって

人手不足の解消や働き方改革の対応に

使用してもらいたいと思っています。

 

また、こちらの冊子は、ご希望の法人様には、

無料配布するようにしております。

手前みそではありますが

なかなか良い出来だと思っておりますので、

ご希望の方は、お問い合わせいただければ幸いです。

 

※同業他社・競合他社の方の申し込みについては、場合により、お断りさせていただくことがあります。該当される場合、直接お電話などでご相談ください。 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。

 

「マンガでわかるRPA導入事例」ダウンロードページ