経理 サポート会計事務所

友達から大丈夫だと聞いた税務処理について

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。  

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

飲み仲間の企業経営者から 

こういう税務処理しようと思うんだけど大丈夫かな?

友達から聞いたんだけど・・・

と言われることがあります.

 

私の反応としては、

いやいや、だめでしょ!という

感じなのですが。

 

なぜ、経営者友達から聞いた話について

高確率でそんなことが起こるのか考えてみました。

 

可能性1.ネット記事を信じて、話をしている。 

このブログを読んでいただいている方は

お分かりだと思いますが

 ネット記事は、根拠がないものが多いです。

そのまま信用をすると痛い目を見ることがあります。

 

可能性2.そもそも税務調査を受けていない。 

税務処理が、正しいか、誤っているかわかるのは、

税務調査があったときです。

税務署に申告書を出して、

受け取ってくれたから大丈夫

という話ではないのです。

 

私の感覚では、

東京周辺の一定の規模の法人は、

利益が出ている場合、

5年から7年程度の周期で

税務調査が行われていることが多いです。

一方、事業規模が小さかったり、

利益が十分なかったりすると、

そもそも税務調査を受けたことがない

ということも十分あり得ます。

 

税務調査がなければ、

確認される機会がない訳ですから、

否定される場面もありません。

 

そのため、調査を受けたことのない経営者が、

税金で〇〇しても大丈夫と話をしても、

まったくあてになりません。

 

可能性3.税務調査を受けたけど大丈夫だった。

税務調査があったとしても、

調査官が、その誤りを見つけられるか?

というと必ずしもそうではありません。

見つけられないことも当然あります。

 

また、見つかったとしても、

それが軽微な問題だと判断された場合、

指導にとどまるケースがあります。

 

また、調査官とのさまざまな交渉の中で、

結果的に問題とされないこともありますので、

調査があったからといって

お墨付きを得た訳ではありません。

 

こういうケースは、税理士でない限り、

そのケースにおいて、大丈夫だったかどうかは

分からないんじゃないですかね?

 

つまり、経営者友達から

税金で〇〇しても大丈夫だよ~と

教えて貰った話は、

・駐車違反したけど、たまたま捕まらなかった

・ペット禁止のマンションで飼っても大丈夫

のような話と同じレベルの内容であることが

殆どだということです。 

 

私が不思議に感じるのは 

こういうことを聞いてくる企業経営者が

税務の疑問を顧問税理士に質問しないで

私に聞いてくることです。

 

噂話を信じて税金で大ケガしないように 

税務処理でお悩みの際は、

すぐに、顧問税理士に質問することをお勧めします。

 

なにしろ、経営者の周りで起こることは、

すべて自己責任ですので!!

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。