経理 サポート会計事務所

 · 

奉行BPOパートナーシップ

プロフィール

経理サポート会計事務所

(新宿区高田馬場)

取締役 大沢 大作

1973年群馬県生まれ

川崎市在住

 

DXディレクター

経理、総務部門の業務効率化を、RPA、経理クラウド、総務クラウドなどのITを導入、運用、運用後の改善を、お客様と一緒に行う仕事です

 

 

RPAを、中小企業に浸透させ、中小企業の人材不足と、業務過多を改善することを使命として、活動中。

 

活動実績

奉行シリーズなどの、経理・総務業務用ソフトのインストラクター資格を持ち、経理・総務業務用ソフトを500社以上の会社(1部上場会社、政府系ファンド、外資系日本法人、リート法人、住宅供給公社、医療法人など)に導入

奉行BPOパートナーシップ

 

12月18日(水)、OBC本社にて、奉行BPOパートナーシップについてのセミナーがありました。

セミナー参加企業は、会計事務所、社労士事務所、経理BPO会社で、

会計事務所が7割ぐらいでした。

 

BPOパートナーに加入した会計事務所などが、クライアント先に、勘定奉行クラウド、

給与奉行クラウドを導入して、一緒に、利用していくモデルが、BPOパートナー制度でした。

 

実は、似たようなことを、前々職のCSアカウンティング時代(辻・本郷税理士法人グループ):2006年に、

していました。

 

サービスモデルとしては、Citrixを利用して、勘定奉行を、インターネット経由で、

利用できるようにして、辻・本郷税理士法人グループのクライアント限定で、

クラウドサービス(当時は、ASPサービス)を提供。

3年前に、会社を退職したときは、350社ほど、契約していたと思います。

 

BPOビジネスモデルは、クライアントも、会計事務所も、お互い便利だけど、

仕事をやってないと、お互いわかるため、手が抜けず、結構、大変です。

 

BPOモデルが、コモディティ化されると、確実に、パフォーマンスが良くなります。

 

クライアントの一番のメリットは、データをやり取りするために、

・バックアップを取ったり

・仕訳の入力ができなかったり

といった手間がなくなること、

同じデータを見て、会計事務所や、社労士事務所と、話ができることです。

 

勘定奉行、給与奉行から、クラウド製品に、データ移行するツールは、

準備されているので、あまり心配せずに、移行できます。

 

他製品からの移行ツールは、過去の事例からも、提供されないと思います。

どうしてもデータを移行したい場合は、弊社までお問い合わせ、よろしくお願いします。

 

顧問契約している会計事務所、社労士事務所が、BPOパートナーになっている場合、

勘定奉行と、給与奉行の保守が切れるタイミングで、クラウド製品に乗り換えると、

無駄な費用を払わずにすみます。

 

弊社は、入力をする人材が不足しているので、BPOパートナーになるのは、

まだ先になりそうです。


ブログを読んで頂きまして、ありがとうございます。

経理サポート会計事務所では、これから、メルマガ配信を利用して、セミナー開催、ブログの更新情報などを、配信してさせて頂きますので、メルマガ登録をお願い致します。

メールアドレスの登録を、お願い致します。

登録 解除
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*会社名