経理 サポート会計事務所

社会福祉法人の業務の効率化2

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの 業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

  

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。

  

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。
 
講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 
趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

 

 

私は、社会福祉法人の経理業務ほど

年々進化するIT技術の恩恵を

受けられる業務はないと思っています。

 

何故かというと 

社会福祉法人の経理業務は

すごく複雑そうに見えます、が、・・・

同じ動作の繰り返しが、

延々と続くものが凄く多いのです。

 

内部取引相殺消去しかり、 

医療福祉機構の開示システムへの転記しかり、

指示会提出用の会議資料作成しかり、

財務諸表出力しかり、

同じような業務が多いです。

ということは・・・

RPAが最も活用できる領域なんですよね。

 

以前、社会福祉法人の内部留保が多いと 

報道がありましたが、決してそんなことはありません。

また、平成29年度社会福祉法人の経営状況について(WAM)によると、利益率は3.5%になっています。

 

つまり、1億円の収益で350万円の利益です。

決して儲かりはしないサービスです。

 

一方、経理に関わる人員は、

一般企業に比べると3倍以上はいます。 

たしかに、会計基準が複雑ではありますが、

そこにRPAを適用することで、仕事が楽になり

大きく経営状況が良くなる可能性を秘めています。

赤字法人でも関わる人が少なくなるだけでも

利益が出るようになるかもしれません。

 

ただ、残念ながら

RPA自体を知らない。もしくは、

RPAを知っていても関心が薄いか

どちらかの社会福祉法人が多い訳です。

 

いいですか? 

 

医療・福祉・介護・保育の

いわゆるヘルスケアサービスは 

極めて固定費割合が高いビジネスモデルです。

つまり、大きく利益改善をするには、

2つしかありません。

ひとつは、日々1人でも

多くの利用者さんを受け入れる、

もうひとつは、

固定費自体を劇的に下げることです。

そう、劇的にです!

 

ときどき、赤字に喘ぐ病院さんや特養さんが

利益改善を図るために

冷暖房、水道光熱費などの使用制限をしていると

仰るところがありますが、そんなこと

利用者さんの気持ちや

職員の士気が下がるだけで、

効果がありません。

 

とはいっても、無駄な支払いなど

普通はないでしょう。

今までのやり方だとコスト削減は不可能です。

さらに、この人手不足の中、

職員の人件費単価は絶対に下げられません。

そうなると、残された道は、

今までにない技術を取り入れ、

劇的に業務効率を上げ

人件費の総額を下げる選択しかないのです。

 

医療・福祉・介護・保育サービスは

人と向き合う仕事ですから

利用者さんには、可能な限り時間を取って

対応することがとても大切だと思います。

 

一方、経理を含む事務仕事については、 

同じようにやってしまっては絶対にいけません。

最適解を見つけて、最小のコストで

最大の効率が出るように 

最新の技術を導入して、

バンバン進められるようにしないと

厳しくなる経営環境で生き残るのは難しいです。

 

利用者の皆さんに良いサービスをするためには 

利益をしっかりだすことが前提だと思いますよ。

 

真剣に経理の業務改善を希望されている 

社会福祉法人の皆様、ぜひお問い合わせください。 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。