経理 サポート会計事務所

生命保険は節税になるのか?

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。 

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

生命保険は節税になりますか? 

と質問を受けることがあります。

 

私は、かつて販売されていた 

節税をうたった全損の生命保険については、

「なりません!!」

と答えています。

 

生命保険は、通達の改正で、支払った金額のうち 

多くの割合が損金算入できなくなりました。

「節税できないから売れなくて困っています。」

という保険セールスマンの声が

あちこちから聞かれます。

 

でも、そもそも100%損金になる

生命保険商品であったとしても 

決して、税金が得することはありません。 

きちんと説明する人は 

「利益の繰り延べです」 

と言っています。 

 

でも、私はこの意見についても 

ちょっとどうなの??

と思っています。

  

なぜかというと損金算入された保険料は 

必ず、解約することになりますが、

その時の返戻金は益金に入ってくるからです。

  

これに対しては、出口対策すればいいでしょ、 

という意見があります。

 

具体的には、

解約返戻金と退職金のタイミングをぶつければ 

収益と費用が相殺されるので、

繰延効果が得られるという意見です。  

確かに、その年だけ見れば

解決しているように見えます。

 

しかし、一般的に企業は

永続的に続いていくものであり、 

その次の年に利益が出れば、

その効果はなくなります。 

そもそも生命保険は利益が出る企業でないと

利益の繰り延べの意味はありません。

  

一方で、先日販売停止になった全損の保険は、 

このところの低金利の影響もあり

支払った保険料がそのまま戻ることなく

元本が棄損して戻ってきます。

(当たり前です)

 

したがって、出口対策も含め、 

その後の年度もトータルで見れば

元本が棄損する生命保険が得になることは

絶対にないのです。

 

損をしてでも利益の繰り延べをしたい!

というのであれば、 

ニーズはあるのですが・・・

 

いいですか?

 

生命保険を使った節税ネタもあるにはありますが 

ただ契約しただけで得をするようなものはありません。 

十分な計画と時間が必要です。

  

生命保険を使った節税を知りたければ、 

なぜ後継者未定の開業医は個人事業にした方が良いのか?4

を是非読んでみてください。

  

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。