経理 サポート会計事務所

士業の仕事のスピード感と親切さ

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。
中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。


現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

私たちは、会計事務所という仕事柄

弁護士、司法書士、社会保険労務士といった

士業の方と一緒に仕事をする機会があります。

 

他士業と連携をして仕事する必要が時々出るのですが

気になることのひとつとして

「仕事のスピード感」と「親切さ」があります。

 

経理サポート会計事務所は、仕事をするうえで、

仕事のスピード感、親切さは、

当たり前のことと考えています。

でも、「先生」と呼ばれる商売の人は

これができないことが多いです。

 

【スピード感】

私は、必要だと思うスピード感は

例えば、メールだった場合

どんなに遅くても24時間以内の返信です。

 

もちろん、即答できない内容などもあると思いますが、

私の感覚では、

「〇日以内にはお返事する」などの返事は、

欲しいです。

 

何かの相談をした場合に、 

「今、労働保険申告の準備で手が離せないんですよね。」

「確定申告時期なので、今動けないんですよ」

「刑事事件で今忙しくて・・・」

などど、動きが良くないと感じる士業の方だと

 安心して、クライアントに紹介できないと

感じてしまいます。

 

【親切さ】

ホームページには、「親切」と書いてあるのに

親切な士業の人は意外と少ないです。

勿論、「親切」かどうかは、 

自分では評価するのは、難しいことなのですが・・・

親切でない士業の方だとクライアントに紹介できないと感じてしまいます。

 

こんな話を業務協力してくれている 

他の士業の方に話をしたら

「税理士もそういう人多いです!」 

と同業者として耳の痛いことを言われてしまいました。

 

経理サポート会計事務所を 

本格稼働するにあたって大変だったのは 

業務提携する弁護士、司法書士、社会保険労務士探し

でした。

 

クライアントからは、 当事務所が

紹介する士業の先生と一体として

評価されてしまいますので・・・

私が不満に感じる事務所を紹介することは

絶対にできません。 

リスク高いです!

 

現在、経理サポート会計事務所では、 

弁護士     2事務所

司法書士    2事務所

社会保険労務士 1事務所

と業務提携して一緒に仕事をやっていますが。

私たちの感覚と会う先生を探すのが大変でした。

(探した総数の数パーセントの確率です)

 

会計事務所として、 

クライアントの期待に応えるためには、

他士業業務も含めて

ワンストップで対応する必要が高いため 

同じ感覚の先生たちと出会え、

一緒にやれることに感謝しています。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。