経理 サポート会計事務所

中小法人の資金調達

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

最近、銀行の方と多く接点があるので、 

今日は、感じていることを

 

資金調達が必要な中小法人にとって、 

銀行は、とても大切です。

でもどこと付き合うかということで、

中小法人の大きく運命が変わります。

 

「創業」をお手伝いする人には常識的な話ですが 

新設法人にとっては、

金融機関の通帳を作ること自体がすごく大変です。 

背景には、口座が反社会的勢力に悪用される事件が増え

警察庁からの指導が厳格になっているとそうです。

 

金融機関の口座が作れない・・・・ということが原因で 

法人を設立したものの、起業をあきらめるという人まで

出てしまっています。

 

でも、最近、口座作成を拒否するのに 

他の理由も大きいことが分かってきました。

それは、低金利です。 

今、金利が低すぎて銀行がお金を貸しても

稼げないんですよね。

 

あるメガバンクの方は、 

「上場しないような会社の通帳を作っても意味ない」

などと言っていました。

 さすが、メガバンク!

メガハイボールの「メガ」とはちょっと違います。

 

そんな状況なので、 

銀行も大手になればなるほど

融資よりも稼げる手数料を取れる仕事に興味があります。

 

例えば、金融商品の販売、生命保険、不動産売買、信託、 

彼らは、グループ会社に仕事をしてもらい、

手数料を貰います。

 

大手の銀行の方ほど、 

「融資できるクライアントを紹介して欲しい」ではなく、 

「手数料を取れる仕事回してください」と言ってきます。

 

さて、今の状況で 

中小法人が融資を受けたいときは

どこに行けばいいのでしょうか? 

どのような作戦を立てればいいのでしょうか?

 

それは、 

信用金庫や第二地銀と言われるところと相談しろ!

というのは、以前から言われているところです。

 

最近は、それに加えて、

金融庁が金融検査マニュアルを廃止し、

金融仲介機能のベンチマーク」を

策定する動きをした影響が大きいです。 

 

金融仲介機能のベンチマークが策定されたことで 

金融機関に対して設定した指標に対する

報告義務が生じました。 

その報告値が良くない場合には、

金融庁から指導が入ることになります。

 

金融仲介機能のベンチマークには、 

「共通ベンチマーク」と「選択ベンチマーク」があり、

その金融機関の「選択ベンチマーク」を見れば

中小法人に対する融資の姿勢が分かるようになりました。

 

 

選択ベンチマークには、

創業融資や事業性評価融資に対する取り組みなどがあり

これを確認して、戦略的に動くことで、

業績が厳しい中小法人でも

融資が受けられる確率が高くなるわけです。

 

いいですか?

 

資金調達が必要な中小法人の皆さん

こういったことを会計事務所は教えてくれていますか?

厳しい環境にさらされている中小法人ほど

アドバイザーは選ばないといけないと思いますよ。

  

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。