経理 サポート会計事務所

揉めない争族対策のために

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

今日から再び、開業医のための揉めない争族対策のためにはどうしたらよいのか紹介したいと思います。

 

そもそも争族が起こる世の中の風潮として

・兄弟みな平等という風潮に

・相続に満足する相続人はいない

ということが挙げられます。

 

そして、遺留分の争いは、成功報酬だけで引き受ける弁護士も出てきていることが、

親族間の争いに拍車をかけています。

 

さらに、開業医の場合は、

+事業を行っている

+財産に占める処分できない財産(出資、不動産)の割合が多

+なにも対策していない

+後継者問題

という、揉める要素が加えられて、

揉めない方がおかしい状況になっていると言えます。

 

こういう状況ですから

揉めることを前提として作戦を立てる必要があります。

 

よろしいでしょうか?

 

なにもしないで放置という両親の態度が

最悪の事態を引き起こすことになります。

 

 

遺産分割は、遺言がある場合には、遺言が優先されます。

ない場合には、法定相続分で分割されます。

できる範囲だけでも決めておいた方がいいのです。

現状で決められるところは決めておきつつ

定期的に内容の見直しをすることをお勧めします。

なにもしなくて、大揉めするよりは

遺言の作成は何度でもできるわけですから

状況が変わる都度、作成をし直せばいいじゃないですか。

 

そして、親としては、子(相続人)を巻き込んで

遺言の作成、遺留分の放棄をセットにして

 

できることであれば、法律面だけでなく、子供の感情面のフォローするのが最善だと思います。

 

経理サポート会計事務所では

遺言の定期的な見直しをお勧めしております。 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。