経理 サポート会計事務所

仕事は楽しい?

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮
1974年東京生まれ。

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上
 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

 今日は、経理サポート会計事務所のメンバーやこれから一緒に仕事したいと言ってくれている人、インターンを希望している人の方向けの記事です。

明日からはまた、クリニック向け相続記事をしばらく掲載していきます。

 

いま、私は、ボードメンバーと楽しいと思える仕事環境を作ろうとしています。

でも、これは、一部の人にちょっと誤解を与えていることに気づきました。

 

なぜかというと、私自身、

「仕事」は、楽しいものだと思っていないからです。

そもそも仕事を「楽しい・楽しくない」、「興味がある・ない」というモノサシで計ったことがありません。

仕事は、キツイものだと思っています。

 

仕事よりも

映画でも見ていた方が楽しいし、

友達と遊んだほうが楽しいし

酒でも飲んでた方が楽しい。

違いますか??

そうじゃない人は、よっぽどおかしいです。変態です。

 

いいですか?

 

仕事に「楽しい」を持ち込むと 

自分ができることしかしなくなります。

できないこと、辛いことは、やらなくなります。

でも、それじゃ期待値を超える水準の仕事は

できるようはなりません。

仕事の幅も広がりません。

 

経理サポート会計事務所が、

クライアントの皆さんからお金をいただく際には 

それ以上の価値を提供しなければいけません。

 

騙すようなことをしては絶対してはいけません。 

これを本気でやっていきます。

正攻法が一番大変なんです。

 

正攻法でクライアントを喜ばせ、

それでお金をいただくためには、 

キツイ努力をしないといけません。

 

そもそも、私は「仕事が楽しい」といっていて 

仕事ができる人に会ったことがありません。

そういう人は、今一つ詰めが甘かったり

仕事のやり方が自分本位ではないですか?

もしくは、自分が仕事だと思うことだけ

やっていませんか?

自分のペースでゆったり仕事をしてないですか?

 

じゃあ、仕事で楽しいことはないのか?

そんなこともないです。 

・キツイ仕事をやり抜いて結果が出たとき 

・クライアントからの感謝の言葉が出たとき

・できないことができるようになったとき

この結果が、楽しい訳です。

 勝つから楽しい訳です。

  

でも、こんなこと、しょっちゅうある訳じゃないから、

少しは楽しくないとやってられませんよね。

 

なので、私は、キツイ仕事をやり抜くために、

いい仲間、「楽しい雰囲気」の仕事環境を

作ろうとしているのです。 

 

いま、経理サポート会計事務所に参加したいと言ってくれている皆さん! 

この考え方に賛同いただければ、是非来てください。

会計事務所の明るい未来を作りましょう!

  

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。