経理 サポート会計事務所

「いい人」で「優秀」を目指す

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

最近、私、

「いい人」で「優秀な人」を目指してる、という話をすると会社経営者の方と意気投合することが多いです。

 

今日はその話を。

 

みんな仕事であっても「いい人」とお付き合いしたいじゃないですか。

「いい人」って、うそを言わない、騙さない、親切。

 同じものを買うのであれば、「いい人」から買いたいです。

 

でもね、「いい人」だけじゃダメなんです。

 「いい人」で「能力低い」の人はどうですか?

  

自分でその商品を評価できるなら(例えば車)、「いい人」で「能力低い」営業マンから買ってもいいと思うんです。

 

でもね、会計事務所のサービスみたいに、高額かつ得体のしれないものだったら、「いい人」で「優秀」な人と付き合いたいですよね。

 

会計事務所の場合、ちなみに「優秀な人」でないと、自分の引き出しがないので、持っている知識だけで無理やり強硬突破せざるを得なくなり、押し売りのようなことになりがちです。

 

いつも「いい人」でいるために「優秀な人」にならなければいけない。

「優秀な人」であるから、「いい人」でいられる。

 

そのためには、膨大な努力と時間が必要です。

経理サポート会計事務所は、これを目指しています。

 

そんなことを飲んでいるときに話していたら、

 通販会社の社長から

「正攻法」で、商売をするということだよね、と言われました。

どの商売でも、「正攻法」で利益を上げるのは大変です。

でもそうやって仕事を続けていければいい、社会に対して正しい商売ができればいいという話をしました。

 

そんな翌日、また、違う生鮮食品関連の社長から勇気をもらいました。

その方は、ずっと365日休まず働き続けている方で、30年以上、世の中の流行りに逆行して、ずっと自分の信じるものを作っており、最近世の中に認められるようになったそうです。

 

どの会社かすぐにわかってしまうので、具体的に書けませんが、いまその会社の商品は、伊勢丹、高島屋、小田急すべてのデパート独占状態です。

「本当にいいと思うことを信じてやり続ければなんとかなるもんだよ」

そう仰っておりました。

 

 

一般的に会計事務所のサービスでも

 

・プロモーション先行、イメージ重視

・クライアントより自分の事務所の利益を重視

・最低限のことしかやらずに、安く見せる

 

クライアントのためにはなっても、

自分の利益にならないから教えない、

他の方法の方が良いけど自分ができないからやらない

なんてことはざらにあります。

確かにそうした方が効率的で手っ取り早く稼げていいでしょう。

気持ちはわかります。

 

でも私、会計事務所の社会的使命が、中小企業・中小法人を支えることだと思っているので、これではいけないと本気で思っています。

 

うちの事務所は、安いけど、これしかやらないという商売でなく

クライアントの利益が最大限になるように努力していきます。

それが、支えることになると信じています。

 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。