経理 サポート会計事務所

公平感

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

ブログを読んだある雑誌社の方から、「経理サポート会計事務所さんは、利益を追求しないのですか?」と言われました。確かに私は、「利他」などと書いていますから笑

 

とんでもない誤解ですので、ここではっきり書いておきます!

 

私は、事業を行うにあたり、最も大事だと思っていることとして「利益」があります。

 

そもそも利益があれば、メンバーの給与も上げられますし、やりたいこともできることが増えます。

 

経理サポート会計事務所の報酬は、大手会計事務所ほど高額ではないですが、いわゆる低価格の会計事務所と比べると高いと思います(当然、それに見合う仕事をさせていただきます)。

 

会計事務所の“あるある”として

 

会計事務所には、報酬にかかわらず、紳士的であまり要求しないクライアントよりも要求が多いクライアントに対して、手厚くサービスするスタッフが、けっこういます。

 

私は、こういう対応をするスタッフに対して、「頂いている報酬に応じて適切に・平等に対応するように」指導してきました。適切・公平さが大事だと思っています。

 

税理士は、クライアントの期待を満たす仕事といったことがあります。その見返りは、クライアントからの「感謝」であり、クライアントからの働きに見合う「報酬」です。「感謝」を示さず「報酬」を支払わない方には、公平感がないと思っています。

 

そもそも、仕事と頼む側、受ける側。どちらが上、下はありません。

 

仕事は、業務を提供する側、提供される側それぞれが、結果ハッピーであるべきだと思うのです。社内の上司部下の関係もそうです。そのために「利他」であることが必要なのです。

 

そのため、私は、こちらが仕事を頼む側になった場合でも、「安くしろ」とか「タダでやれ」など無理を言わないようにしています。そう心がけています。

 

私がこういうブログを書いている目的ですが、

 

私と似ている発想の方が、クライアントになってくれればいいし、

私と似ている発想の方が、当事務所のメンバーとして入ってくれればいいし、

私と似ている発想の方と一緒に協業できればいいし、

私の発想と似ている人と取引できればいいと思っています。

 

経営者であることで一番良いのは、この想いをはっきりと貫けることです。

 

従業員である場合には、上司に忖度してそのようなことはできませんが笑。。。

 

そのため、業務に対して適切な報酬を支払う気がなさそうな見込み客の方から値引き交渉などされても

 

早い段階で

 

「ごめんなさい。当事務所では対応できません」

 

とハッキリと断っております。

 

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。