経理 サポート会計事務所

税理士としての能力を伸ばす

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

私時々、税金に拘りすぎてはいけないというニュアンスの記事を書いています。

 

ここで、誤解させてはいけないと思うので、今日は税務関係への私の拘りを。

 

会計事務所は、本業で強くなければいけないと思っています。

税理士は、強くなければいけません。同業者の上位20%に入らないといけないです。

 

 

知識も無く、間違ってばかり、頼りない・・・・・・

こんな税理士いりますか?いらないでしょ。

それは、仲間としての立場でも、クライアントの立場でも誰も必要ありません。

野武士みたいなものだと思っています。

 

そのためには・・・

 

1.日常的な税務の勉強、税務通信やTAマスターなど読む。これも結構つらい・・・

 

2.税法の勉強をする(ここでいう税法は、いわゆる租税法です。)

 

3.規模、業種、税目など、バラエティーに富んだ仕事を重ねて経験を積む。

ことが、大切だと思っています。

 

(これを読んでいる、うちのメンバーは引き気味かもしれません笑)

 

特に2と3は重要かな。これを重ねないと、申告書の枠に数値の集計することはできても、自分の頭で考えられるようになってきません。

 

組織レベルだと、3の「規模、業種、税目など、バラエティーに富んだ仕事」をするということが、なかなか難しいです。

朝は、上場企業でタックスヘイブンの話をして

 

昼は、おばあちゃんの相続対策の相談に乗り、

 

夕方は、オーナー社長の対応をする。

 

仕事の幅が広がると、組織全体で見ると生産性は落ちます。でも確実に業務レベルが上がり、クライアントのお役に立てるようになります。

 

ちなみに、当事務所は、「医療福祉分野」を得意分野とはしておりますが、この領域が突出しているというだけで、他分野も大手税理士法人並みに対応可能です。

 

当事務所の理念が、中小法人を支えるとしている以上、効率が悪くても広めに仕事をすることが期待に応えるために必要だと思っているので、ほぼ全ての業務に対応するようにしています。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。