経理 サポート会計事務所

法人税の節税は効果が薄い

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

 最近、他の会計事務所によるWEBサイトを良く見ているのですが、「節税対策をしないと・・・」と煽るような記事が溢れているのが気になります。


こういった記事が多いのは、見ている人を煽って不安にさせるためだと思います。こういうのはちょっとどうかなあ?

 

私は、「いい人」で「優秀」になることを目指しています。大事なことの相談相手は、優秀でいい人に相談したくないですか?

 

「いい人」は、親切で正直であるべきだと思っているので、集客のために騙したり、煽ったりとかはしたくありません。でも、「法人税の節税」に惹かれてしまう企業経営者は多いのでしょうねえ。

 


今は、法人税の料率が低いため、中小法人であれば、所得に対して20数パーセント程度ですので、法人税の額はそこまで高額にはなりません。

 

それに日本の法人税は、世界の中では低いので、長期的にはこれから下がっていくでしょう。

 

断言しますが、今は法人税で節税を考える時代ではありません!!

 

 

ちなみに、法人税の節税では、税金面で純粋に得をするものはほぼ無く、先の時期に延ばすものが殆どです。しかも、実行すると多くの場合、キャッシュフローが悪化します。

 

また、法人の内部留保を厚くするためには、税金を払うしかないので、税金を安くするという意識よりも、無駄なコストを削減する意識が極めて重要です。

 

 

それに、お金を貯めたいということであれば、中小企業は、法人税の節税よりも所得税の節税を考えるべきでしょう。


法人なのに所得税???と思います?(笑

 

ちなみに、当事務所では、所得税の節税により、社長の手取りを大幅に増やすコンサルティングを行っています。
イメージ程効果が出ない法人税の節税よりもその方がよくないですか?


ご興味がありましたらお問い合わせください。


経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。