経理 サポート会計事務所

中小企業応援団を創る

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

以前、ブログに「創業しました」と書いたら、税理士の友人から、「開業でしょ」と言われました。当事務所の場合は「創業」なんです。「開業」とは規模が違います。

 

 

開業税理士となり驚いたのは、世の中に「一人で開業」している税理士がほとんどであること。5人以下の事務所が全体の9割以上を占めるということです。しかも、クライアント対応は所長しかしない(できない)というところが多いのが実情です。

 

一人であれば仕事量もそこそこで十分食べていけるし、事業リスクもなく、自由に暮らせる。好きな時に昼飲みもできます笑

 

一方、従業員を含めたメンバーがいると仕事は積極的に取っていかないといけない、社内ルールは決めないといけない、教育制度どうする?人事制度は?運転資金はいくら必要だなど、一気に大変なことが押し寄せます. 

 

当事務所は、スタートから5名です。しかも、会計・税務担当もIT担当も一線級のメンバーで構成されています。

現段階で、人数はさらに増えそうです・・・

 

また、システム開発も積極的に行っています。けっこう勝負をかけています。それは何故か?

 

それは、一人税理士ですとクライアントに対する十分なサービスができないからです。私は、税理士は中小企業の経営者にとって一番の相談相手ですから、どの税理士と付き合うかによって、その企業の行方は大きく変わると思っています。

 

そのためには、高い水準のメンバーでチームを組むことが不可欠だと考えています。

 

ただ、残念なことに専門家のレベルは専門家にしかわからず、多くの人には、「税理士」とか「会計事務所」という言葉のみで、同一視されやすいとことが殆どなのが悲しいところなのですが・・・・

 

ちなみに、税理士1人で関与可能なクライアント数は、30社程度が限界です。つまり1人税理士が頑張っても30社しか支えられないのです。たった30社ですよ。私は、30社だけではなく、もっと多くの中小企業を支えたいと思っています。

 

そのため、志を同じくする同志を増やし、チームを組織し、たくさんの中小企業をサポートする中小企業応援団を作ることにチャレンジをしているという訳です。

 

経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。