経理 サポート会計事務所

税理士だけ安全地帯

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

 

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。  

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。 

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。 

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上 

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

私は、安全地帯にとどまり、クライアントに不利益な申告をする税理士にはなりたくないと思っています。

 

「税務調査を受けたけど、指摘事項がなく、議論もなく、申告是認で終わった」


はてはて、これって成功なのですかね?
実は、失敗かも知れません。一般の方にはわかりづらいことですが、会計事務所が安全策を取りすぎているために、調査において指摘をされないというのは、実はよくあることです。

(もちろんそうでないこともあります)

 

税法の法律解釈や事実認定には、幅があり、適正な申告値にも幅があります。
その幅の中でクライアントに最も有利な申告をするのが税理士の仕事だと思っています。
でも、実際の実務の中で、これをやるのはとても難しいのです。

 

以前、難解な申告をしなくてはならないことになって、東京国税局に伺って相談したことがありました。そしたら、東京国税局の方は、「申告書が出てから判断します」ですと。素気無い対応ですね(涙)。これでは、相談した意味がないと思いませんか??

ちなみに私が所属している青山税法研究会には、国税のOBの税理士の方が何人かいらっしゃいますが、基本的にこの回答をすることになっているそうです。

 

結局、最善を尽くすには、結局は、自分が信じるところにより、勇気をもって申告するしかないのですよ。

 

一般的に良くある例として、相続税において、不安な申告がある場合に、安全策として保守的な申告後に更正の請求をするという手段をとることがあります。

しかし、いったん申告をした後では、実は、通る確率が低くなります。これも通したいということであれば、勇気をもって申告するしかないのです。

 

税理士が、自分の保身を考えて、無難な処理をするようになったら、存在価値はないのではないかと思います。様々な手段をクライアントに説明し、リスクを理解してもらった上で、その選択を望むのであれば、挑戦するのが正しい姿です。

クライアントから信頼されて頼まれ、感謝され、働きに見合う報酬をもらうのであれば、知識とアイディアをもってその期待に応えたいものです。

 

正直、ほとんどのクライアントは違いが分からないので、商売としては、愛想よく、自分には火の粉が降りかからないように仕事をする方が、どう考えてもクライアント受けは良いし、効率が良いのです。

 

知人(税理士)の中には、

「一般の人は税理士の違いなんかわかりゃしないし、なんで??」

というのもおりますが笑

 

私的には、稲盛和夫さんが言う

仕事・人生の結果=考え方 × 能力 × 熱意

の一番重要な「考え方」の部分であり、ブレてはいけないところだと思っています。

 

といっても、一方で誘惑に負けて、易きに流れそうな自分になりそうな時もあるので、

そうならないように自分を律していきたいです。


経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。