経理 サポート会計事務所

創業のきっかけ

経理サポート会計事務所(新宿区高田馬場)
代表税理士  松野 亮

1974年東京生まれ。

中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決する専門家。

 

医療コンサルティング会社にて、医業(福祉)経営コンサルティングや医療機関・福祉施設などの開設支援業務、運用支援業務に従事。多くの案件を成功に導くも、クライアントの経営危機で、力及ばず救うことのできない案件を経験する。これにより、会計税務、法律の知識が必要だと痛感し、税理士を志す。 

 

その後、業界最大手の税理士法人にて、10年以上に渡り、部門責任者として、500社を超えるクライアントの会計・税務業務に従事し、多くの実績を残す。

 

現在は、経理サポート会計事務所の代表税理士として、「クライアントとは一生涯付き合い、支えていく」ことを信念に、中小法人の人材不足、資金調達、相続・事業承継の悩みを解決するために奔走中。

 

講演実績
税務、租税法、医療政策、医療経営、医療会計、社会福祉法人会計などをテーマに活動。
いままでの受講者数は累計1万人以上

 

趣味
ワイン、ウイスキー、スキー、スポーツバイク
読書(司馬遼太郎)

 

私は、国内最大手の税理士法人で、16年働いてきました。


でも、経営の中枢に近づくにしたがって、仕事をする上での基本的な考え方にズレがあることに気づき、これは違うな~という思いが強くなりました。


会計事務所として、利益を出すことは重要ですが、自分の利益が一番ということではなく、中小法人とその経営者を支え、クライアントの皆さんに感謝される仕事がしたい、そういうチームを作ろう、と真剣に思っています。もちろん適正利益がないとやっていけませんけどね。

次のことを大切にして、新しいチームを作っていきたいと思っています!

 

〇いつも経営者の味方であり続ける。
→いつも愛想が良くても、調査の時に税務署の味方に豹変するのでは意味がありません。私たちは、納税者の方の立場に立った主張をし、権利を守るように戦いたいと思っています(ただし、脱税の手伝いは一切お断りします)。

 

 

〇クライアントが望めば、リスクにも挑戦する。
→自分(会計事務所側)にリスクのないことばかりを重視し、安全策を取るあまり、クライアントに不利益を与えていることがあります。当然ですが、クライアントは、税務調査は無事終わるので、気づきません。私は、取り得る手段を説明し、税務リスクを理解してもらったうえで、どのような選択をするのか、クライアントの皆様に判断してもらうように心がけています。適切な報酬をいただいているのであれば、必要に応じてリスクにも挑戦するのが、クライアントの信頼に答える道だと考えます。これができない税理士には価値がありません。

 

 

〇知識と熱意を持ち続ける
→仕事に熱意を持つことで、税理士は中小法人の経営者の良き参謀として、幸せにできると考えています。熱意を持って仕事をすると、クライアントのいろんなことに気付くのです。そして、それを解決してあげることで、もっと喜ばれる。
一方、熱意がないと、申告書の作成しかしないということになりやすい。

 

実は、会計事務所では、申告書を作るというのは、働き始めて3年くらいまでには覚えるスキルで、そんなに難しいことではないのです。

 

終わった後の結果だけ処理しますよ、ということではなくて、役にたった!ありがとう!と思われる仕事がしたいものです。

 

 

〇システムを通して、クライアントの業務効率化に貢献する。
会計システムを中心として、クライアント企業の業務効率化に貢献します。うちには社内にシステムエンジニアが2人おります。会計事務所には珍しい形態だと思います。


経理サポート会計事務所で一緒に働きたい方、業務を依頼したい方、その他当事務所と接点を持ちたい方、是非ご連絡ください。